楽天証券の買付手数料無料の米国ETFは買いか?メリット・デメリット

MONEY

「ETFの米国高配当がなにやら良いらしい」

「投資信託よりも手数料が安くて市場に分散できる」

など、投資信託などを始めた人はETFという銘柄にも興味が湧いてくるのではないでしょうか。タザキが普段オススメしている楽天証券でも「買い」なのか?まとめていきます。

スポンサーリンク

ETFとは

そもそもETFとは、「上場投資信託」というある指数に連動するように運用される投資信託の一種です。投資信託が上場しているという商品です。

投資信託と同様に、1個の銘柄で、多数の株に分散する効果を持っているので、分散投資をしたい人にとって便利な商品です。

ETFと投資信託との違い

それだけ聞くと投資信託と同じように聞こえますが、少し違います。最も違う部分は「上場」しているということですね。

取引所に上場しているので、個別株と同じように、リアルタイムで売買ができます。楽天証券の購入画面でも個別株のような画面になっています。

実際に、取引所時間中であれば、個別株のように値動きを見ながら、好きなタイミングで買うことができます。信用取引もできます。

国内ETFより米国ETFがオススメな理由

日本のETF、投資信託よりも、海外、特に米国ETFがオススメです。理由は単純に経済成長率と今後の期待感です。

日本の株価のここ数10年の伸びと、アメリカの株価の伸びを見ていただければわかりますよね。

人口も低下し、少子高齢化が進み、ベンチャーなども少ない日本に対する将来の期待は正直薄いですね。経済成長、将来への期待感も高いアメリカの経済に乗っかって自分の資産を増やしましょう。

一般的には投資信託より手数料が安い

一般的に投資信託よりも運用手数料が安いと言われています。

楽天証券の、「米国ETF」で「純資産総額が大きい順(人気銘柄)」に並べてみました。

0.1%以下が大半ですね。初心者にも定番のオススメ銘柄である人気の「VTI」や、「VOO」は0.03%です。投資信託の場合は、0.1%きるものは本当に数えるほどしかありませんし、0.1%台であれば、十分に安いという認識です。

ですので、「ETFの方が運用手数料が安い」ということが言えそうです。

楽天証券で買付手数料無料銘柄が発表!!

近年、大手証券の間での手数料低下合戦が繰り広げられており、市場全体的に、手数料の低下が続いています。ついに、2020年1月からは、楽天証券で米国株ETFの一部、買付手数料無料化が始まりました。

2020年2月現在、米国ETFの買付手数料無料化を実施しているのは、楽天証券だけでなく、SBI証券、マネックス証券の3証券です。各社9本ずつ無料の銘柄があります。

楽天証券SBI証券マネックス証券
VTVTVT
VTIVTIVTI
VOOVOOVOO
SPYSPYSPY
RWRIVVIVV
GLDMEPIEPI
GDADDHSDHS
GDNADLNDLN
GFINDGRWDGRW

銘柄を見てみると、SBI証券とマネックスは全く同じ銘柄9本なんですね。

楽天証券も、表のVT〜SPYまでは同じ銘柄ですね。このあたりは定番でもあるので非常に嬉しいですね。

ETFは基本的にまとまった金額で投資することが一般的なので、少しの手数料は誤差といえばそうですが、それでも、買付手数料0円は、さらにハードルが下がりますよね。

楽天証券で米国株ETFを買うメリット

楽天証券は、弊ブログでも再三取り上げているように、私も使用しているオススメ証券です。

まずは豊富な商品数です。

  • 米国 ETF/ETNは304本
  • 中国 ETF29本
  • シンガポール ETF34本

計367本もあります。

UI(デザイン)も見やすく、扱いやすいという点は、楽天証券の最大のメリットであると考えています。

個人的には、SBI証券はあまりデザインが好きではありません。あまり今時のデザインではないと思います。

今年から上記のように買付手数料無料で、優良な銘柄を購入できることも大きなメリットですね。

楽天証券で米国株ETFを買うデメリット

デメリットというほどのデメリットは、正直見受けられません。

しかし、「最適解」とも言えません。むしろ、普段は楽天証券LOVEな僕でも、米国株ETFの最適解は「SBI証券」だと思いました。

買付手数料無料でもかかる為替手数料

ここで比較したいことは、「買付」手数料以外の部分です。

まずは「為替手数料」です。いうまでもなく米国株ETFなので、楽天証券口座に入っているお金を、ドルに変えなければなりません。

楽天証券での為替振替には、1ドルあたり25銭の手数料が発生します。

ところがSBI証券の場合は、とある方法を使うことにより、たったの2銭で振替ることができるのです。

住信SBIネット銀行の外貨積立法

以前のネット銀行比較動画でもご紹介した住信SBI銀行を使った方法です。

住信SBI銀行の外貨積立を使うと、なんとたったの2銭で、振替することができるようです。

そして、住信SBIネット銀行の外貨口座から、SBI証券の外貨建口座に、インターネット上の操作で入金が可能です。その振込手数料は無料です。

よって、楽天証券よりも安く、米国株や、米国株ETFを購入することが可能になるわけですね。

ETFの運用額ならば為替手数料は誤差か

確かに、ETFは投資信託に比べて運用額は大きくなるので、わずかな為替差は誤差であるという意見もあるかと思います。しかし、「誤差」というのは個人の感覚にもよります。

1円でも安くを突き詰めた結果での結論とお考えください。

自動積立機能の有無

ETFのような投資信託型の資産は、積立を行い「ドルコスト平均法」を使うのが有効的です。

しかし、楽天証券の米国株ETFは、投資信託のような毎月自動的に積立設定が2020年2月時点でありません。

その機能がある唯一の証券口座が、楽天と人気を二分しているSBI証券です。

もちろん手動で買い付けることによって、楽天証券でも積立は可能ですが、手間がかかりますので、面倒です。自動設定の方が楽ですよね。

  1. 定期買付サービスが利用できる
  2. 住信SBIネット銀行を使って最安の為替手数料になる
  3. 定番の銘柄の買付手数料無料制度がある

以上の3つの理由から、米国株ETFの買付においては、楽天証券はSBI証券に条件としては劣っています。

購入資産ごとに、証券口座を複数使い分けるというのも全然ありだと、個人的には思います。ただし、NISAは1口座しか使えないので、どの口座をNISAまたはつみたてNISAに使うかは、考えなければなりませんね。

SBI証券の申し込みはこちら

SBI証券★業界屈指の格安手数料で 口座数はネット証券No.1!

コメント

タイトルとURLをコピーしました