クレジット付き楽天銀行カードのメリット・デメリット・解約方法とは

MONEY

今まで、楽天銀行カード(クレジット機能付き)を使っていましたが、解約する決意をしました。

その理由を、このカードのメリット・デメリットを踏まえて解説して行きたいと思います。

楽天銀行カード(クレジット付)のメリット・デメリットと解約した理由
スポンサーリンク

楽天銀行カードとは

まず楽天銀行カードとは、楽天銀行のキャッシュカードとしての機能と、クレジットカードの機能が一体化したカードです。

楽天系カードの保有パターン

元々、このキャッシュ機能つき楽天銀行カードと、普通の楽天クレジットカードは併用が不可なんですよね。つまり、僕が今回比較検討した、楽天クレジットカードと楽天銀行カードの持ち方は以下の2パターンになります。

(今回はプリペイド系やデビット系は省きます。)

①楽天カード(ゴールド・プラチナ)+普通の楽天銀行カード

パターン1は、クレジットカードと、普通の銀行カード(キャッシュカード)を併用する方法です。2枚になります。

②楽天銀行(クレジット一体系)カードのみ

パターン2は、クレジット一体型の銀行カードの1枚持ちの方法です。これ1枚で、クレジットカードとしても使えますし、ATMで引き落としすることもできます。

一見、2枚の機能が1枚に凝縮されていて便利なように見えます。僕も最初はそう思いました。

しかし、今回解約するに至りました。つまり上記の2から1への移行ですね。2枚持ちになりますが、どちらも普段は持ち歩かず部屋に置きっぱなしにするので、①の方がメリットが大きいと判断しました。

それでは理由を解説していきます。

楽天銀行カードを解約する理由

元々楽天銀行カードを作った理由は、持ち歩くカード枚数が、2枚が1枚になるからです。元々財布にカードを入れて持ち歩いていた時には、少しでも財布のスペースを減らしたかったので、これはかなり便利だと思いました。

近年のキャッシュレスブームでカード不要に

しかし、ここ1、2年ほどで、一気に日本でもキャッシュレスアプリが普及しました。その結果、僕は財布を持たないスタイルになったのです。

カード1枚だけどころか、現在は、楽天銀行カード、楽天カード、どちらも持ち歩いていません。ほとんど現金を使う機会がありませんのでね。

ゴールドカードを作ることができない

そもそも1枚も持ち歩かないとなると、デメリットの方が目立ってきます。

最大のデメリットとしては、「ゴールドカードを作れない」ことです。ゴールドカードは、年間2000円の会費はかかりますが、ポイントが2%アップするので、計算上、年間およそ10万円以上の買い物をする人なら、ゴールドカードの方がお得ということになります。

僕のこれまでの生活で、楽天関係で年間10万円は確実に使う、という判断に至ったので、メリットのなくなった楽天銀行カードを解約し、新たにゴールドカードに切り替えるという決断に至りました。

ゴールドカードに興味がある方はこちらもご覧ください。

楽天クレジットカードとクレジット付き楽天銀行カードの違い

その他の違いも踏まえ、細かい所の比較まとめはこちらです。

楽天カード楽天銀行カード
ブランドJCB、VISA、MasterCard、American ExpressJCBのみ
ポイント1.0~、3.0%(ゴールド以上)1%
会費無料(ゴールド以上は有料)無料
引き落とし口座他の銀行でも可能楽天銀行のみ
楽天Edyありなし
楽天ポイントカードありなし
家族カードありなし

以上、2枚の違いになります。

家族カードの有無や、国際ブランドの種類なども人によってはポイントになりそうですね。

楽天ポイントカードに関しては、僕はアプリを入れておけばいいと思うし、Edyはあまり使う機会がないので、なくても良いと思っています。

あとは、どうしても他にメインで使っている銀行口座を引き落とし口座に設定したい場合とかは、楽天カードになりますね。

解約と切り替えの手順

今回の僕の場合、銀行カードを持ったまま、ゴールドカードには申し込みすらできないので、

  • 一度、楽天銀行カードの解約(銀行キャッシュカード単体の方が残る)
  • その後、解約が完了してからゴールドカードを1から申し込む

という流れになります。解約窓口はこちら

楽天銀行カスタマーセンター: 0120-776-910

携帯電話の場合は 03-6832-2255(どちらも営業時間は9時〜17時)

電話をかけて、事情を話して解約申し込みまで数分でできました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました