【体験談】副業利益20万円以下は確定申告不要ではない

この記事は、以下のような人向けの記事です

・副業してみたいけど確定申告とかよく分からない
・副業してみたいけど会社バレが怖い
・月1万からでいいから副業にチャレンジしてみたい人

僕自身が税理士ではないので、実際に感じた疑問、ぶち当たった謎と答えの「体験談」です。正社員を続けながらでも、副業で稼いでみたいという人の参考にはなるかと思います。

スポンサーリンク

結論:利益20万円以下なら確定申告しなくても罰とかはなさそう

最初に結論から言うと、、、

副業の利益が20万円未満ならば、確定申告をしなくても、何か罰せられるとかはなさそうです。そして現に、

「利益20万円以下ならば確定申告しなくて大丈夫!」

というネット情報があふれているためそのようにしている人が世の中には山ほどいる。という事実があります。

しかし厳密にいうと、これは「脱税」にあたっているようです。

住民税は本来は支払われるべきもの

確かに、所得税に関しては、20万円以下の場合には、所得税の確定申告をしなくてもOKであると規定されているようですが、住民税に関しては、そうではないとのこと。

しかし、先ほども書いたとおり、多くの人が善意か悪意かはともかく、結果的に「脱税」ということになってしまっています。

まず、所得税が20万円以下の場合に確定申告不要となっているのは、それだけ小さな規模であれば、納税者と税務署の手間を省くという意味があります。

その話に尾ひれがついて、20万円以下ならば、「申告は全部不要だ!!」という認識が巷で広がっているということなんですね。

払わなくても、会社にはバレない

それじゃあ、出さなかったとして、「副業の会社バレ」は大丈夫なのか?というと、それは、おそらく大丈夫だと思います。

なぜなら、何も申告しないので、住民税を計算する自治体側としては、その金額を認識できないということになります。

なので、6月に会社に住民税の合計をお知らせする通知が行きますが、副業分は把握できていないので、会社の給料分しか、それは反映されないことになります。なので、バレようがないですよね。

払ったら、「自分で納付」を徹底確認

しかし「脱税」はいけないことですので、支払わなければいけないですよね。

じゃあ払うときにどうすればバレないのかというと、住民税申告書で「自分で納付」にチェックをすることです。

で、ここからはバレるバレないの話です。これで副業分だけは分けて納付できるようになるはずなのですが、ここで「人的リスク」の可能性が0ではありません。

これを処理する自治体の担当者は、おそらく同じような書類を毎日何百件と処理をしていることでしょう。万が一その担当者がここを見落としてしまったら、、、

会社に副業分が上乗せされた合算された住民税の通知がいくことになってしまいます。もし全く同じ金額のはずの同期とかと比較されてバレたら、、アウトの可能性があります(実情としては、利益20万円以下程度の水準のわずかな住民税の金額の違いならば、気づかれない可能性の方が高い。でも、0ではない)。

なので、完全に100%にしたいのであれば、なりふり構わず電話でもなんでもして、「自分で納付」するということを、徹底確認するのが良いかと思います。

(個人的な感想として、住民税申告を善意にしろ悪意にしろ出さなかったら、全く金額を知られようがないノーリスクなのに対して、ちゃんと出した方が、人的リスクにより、バレる可能性が0ではなくなるってのが、なんだか「不都合な真実」のように感じます。

実際に住民税確定申告をやってきました

では実際に住民税の申告にいくとどうなるのでしょうか?ここでは、白色申告の事例を説明します。実は、まさか自分がYouTubeで稼げるとは知らなかったので、青色申告の申請とか、開業届けとか一切していなかったので、今回は白になります。

もしブログとかYouTubeを副業にしたい人は、稼げる前からに業届けと青色申告の申請書をだしておくことをオススメします。僕は来年から青色申告をしようと思います。

さて、まず本来、所得税の申告に必要な書類が以下の3点になります。

  • 収支内訳表
  • 各種控除関係の書類
  • 確定申告書 B

そして、昨年の僕の場合は、副業で売上60万円を上げました。しかし、なんとか色々経費をのせて、(実際、お高い編集ソフトとかも買ったり、書籍代、通信費、ipadなど機材代も含めて)利益を15万円まで圧縮することができました。

これで、所得税関係の上記の書類の提出は不要になります。売上が60万あるので、ちゃんと経費がかかっていることを証明するために、収支内訳表くらいは必要かなと思われる人もいるかもしれませんが、これも不要で大丈夫なようでした。

ということで、住民税の申告書を提出します。市役所に出しに行ったところ、源泉徴収票は必要なようでした。

そして「自分で納付」にちゃんとチェックをつけて、提出してきました。

これで脱税でもなく、会社バレもしない正しい流れで提出したことになります。さらに心配であれば、自分で納付の念押し確認とかをするという流れですね。

利益額を証明するための書類はとっておく

先ほど、「収支内訳表くらいは必要かと思ったけど、いらなかった」といいましたが、一応売上60万なので、もし、お尋ねが来たときに、「ちゃんと20万円以下ですよ」と証明するために、帳簿なり領主書なりは、ちゃんととっておいた方がいいみたいですね。

参考動画

税務関係の情報でオススメなのが、YouTuberの大河内さんです。

今回の記事で大いに勉強させていただきました。分からないことがあったときは、書籍で僕は確認しています。基本マンガでストーリーが進んでいくので、すごく読みやすいです。

ぜひ本書を手に取ってみてください!!

副業の稼ぎが20万円以下だったら、本当に確定申告はしなくていいのか?サラリーマンや主婦の副業と税金のお話【税理士が解説】
【完全版】副業バレを防ぐ方法!確定申告で「自分に納付」欄にチェックするだけでは足りません…

コメント

タイトルとURLをコピーしました