【無料】楽天証券×楽天銀行×楽天カードは最強!

ここ最近、楽天証券の口座を開設する人が急増しています。

楽天証券を使うなら、絶対に使った方が良いのが、楽天銀行と楽天カードです。

よほどの理由がなければ、この2つは強くオススメします。まずデメリットが何もありません。メリットしかないので、具体的な設定方法やメリットをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

楽天カードを使うべきメリット

まず楽天カードからご説明します。なんといっても最大のメリットは、投資信託のリターンを1%約束された状態にすることができるということです。

もはやこれは、ちょっとした錬金術レベルですよ。最大で年間6000円分を低リスクでゲットするようなものです。キャンペーンページがこちらです。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/saving/creditcard.html

これは投資信託のつみたての場合なのですが、以下の表の一番下の項目に書いてあります。

100円につき1ポイント、つまり1%分のリターンが約束されているようなものなんですよね。

投資信託においては、平均して年間4%も勝てたら十分といえるので(2020年は皆がいまのところ爆死しているのであくまで平均)、1%確約って、かなり大きいんですよね。

しかも、特定口座、一般口座、一般NISA、つみたてNISAで対象にすることができます(※未成年口座、ジュニアNISA、法人口座、iDeCoは対象外)ので、とりあえずつみたてNISAの40万円の枠で投資信託買っている人には、ぜひともオススメしたいですね。

つみたてNISAは年間40万円なので、月3.3万円。それでもまだ余裕がある人は、残りの1.7万円分を特定口座でつみたてするのも良いのではないでしょうか。

ここで1つだけ注意なのが、(大きな問題ではないですが)買い付け日が固定されているということです。クレジット決済になると、以下のようなスケジュールの買い付けになるんですね。なので、もし今すぐクレジット決済をしたい人がいたら、当月の12日までに設定をするようにしておいてください。

基本投資信託は長期運用を前提として買う人が多いと思うので、そこまで細かいタイミングは重要ではありません。

とはいえ、1ヶ月の中でも今買いたい、と思うタイミングはあるかと思います。もしそれが15日以降だったときは、1ヶ月ほどカード認証まで待たされる場合があります。

また、毎日買い付けもできません。月一の買い付け設定になります。再度になりますが、長期前提であれば大きな差ではないはずですが、目の前の値動きもモチベーションには関係してくると思うので、念のためここは気をつけておいてください。

楽天カードで投資信託を購入する方法

投資信託の銘柄を選択したら、「楽天カードクレジット決済」を選んでください。これで、月500ポイントを最大でもらうことができます。

投資額5万円分までなら、1%のリターンが確定してるようなものですね。

難しい方は、より詳細な説明を以下の記事にまとめたので参考にしてみてください。

楽天カードのお申し込みはこちらから

楽天銀行のメリット

続いて、楽天銀行のメリットです。最大のメリットは、銀行預金金利を高くできるということです。

メガバンクの100倍の金利(無料で)

近年の銀行預金金利はかなり低水準になりましたが、それでも長期で運用した場合は、桁違いの差が生まれてきます。

  • メガバンク:0.001%
  • オリックス銀行:0.01%
  • ソニー銀行:0.001%
  • 大和ネクスト銀行:0.005%
  • 楽天銀行:0.1%(マネーブリッジ時)

メガバンクだと、100万円預けたとしても、10円とかですが、楽天銀行なら、1000円ということになります。しかもこの他にも、入出金などの取引をするだけで、自動的にポイントをバンバン付与してくれる制度もあるので、金利以上の差があります。それをご紹介します。

マネーブリッジの設定方法(無料)

「マネーブリッジ」という、楽天銀行と楽天証券の橋渡しをすることで、お得に取引ができるようになります。楽天証券のトップから、銀行連携というところを探してください。

楽天銀行の口座のログインに飛ばされ、設定をします。

ここから申し込みしてから僕は4日くらいで、通知が届いてマネーブリッジ(連携)が完了しました。

ハッピープログラムに申し込む

続いてハッピープログラムです。これも無料でポイントを増やしやすくする制度なので、ぜひ設定することをオススメします。

どんな風にポイントがたまるかというと、会員ランクで5つのステージが付与され、そのランクに応じてお得な特典がもらえるようになります。楽天銀行を使う上では、この制度を使って、ATM手数料や振込手数料を稼げるようになるので、必須のツールと言えるでしょう。

以上の手続き(すべて無料)をすることによって、銀行預金を100倍に、楽天ポイントを増加させたり手数料を無料化させることができます。かなり使い勝手の良いネット銀行で、僕もメイン口座の1つとして使っています。

楽天銀行の開設をする人はこちらから。

楽天銀行

SPUポイントで楽天市場でお得にお買い物

楽天といえば、「楽天市場」ですよね。ネットで買い物したことがある人なら定番です。楽天市場を最もお得に使うための設定の1つが、「SPU」制度です。

  • 楽天カードで支払いをする(+2%)
  • 楽天証券で月に500円以上の投資信託(1取引で500円以上)(+1%)
  • 楽天カードの支払いに楽天銀行を使う(+1%)

これらをやるだけで、+4%になり、通常買い物してポイントが1%しか貯まらないところ、合計5%も貯めることができるようになります。

常時5%オフで買い物ができるので、なかなかお買い得です。ぜひ、楽天証券×楽天銀行×楽天カードの組み合わせを生活に取り入れて「楽天経済圏」を体感しちゃってください。

↓楽天銀行はこちらから

楽天銀行

↓楽天カードはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました