『医者が教える食事術最強の教科書』読んでみた

こんにちは。tazakiです。最近本屋でベストセラーに上っている話題の本を読んでみたレビューです。食事法に関してはけっこう読み込んでいるのですが、健康関連の本は山ほどありますが、この本は、多くの人が参考にしても良い良い本じゃないかと思います。

スポンサーリンク

良いと思うポイント

僕がいいなと思った特に大きな理由を3つにまとめました。

糖の影響を多面的に指摘

この本の良いところとして、まず「血糖値のコントロールの重要性」がメイントピックとして書かれている。

例えば普段目にする食事、特に「白い炭水化物(白米、小麦粉、うどん)」やコンビニなどで売っている飲み物(清涼飲料水、缶コーヒー)にどれだけ糖分が入っているかということが分かる。

そしてその糖分により血糖値が上昇するが、それがどれだけ健康に悪いかということの説明。

血糖値が高くなると病気にもなりやすいし、糖が肥満の一番の原因だということが書いてある。

カロリーの数字を見るよりも、糖質に注意したほうがいいということです。そして、糖分を控えるためにどんなもの食べたらいいか、どんなものが血糖値を下げてくれる食べ物かということが提案されています。

具体的に何を食べたら良いかがわかる

第1章に真っ先に挙げられているオススメの食品があります。ここでは、

  1. オリーブオイル
  2. ナッツ
  3. ワイン
  4. チョコレート
  5. 大豆
  6. チーズ
  7. ブルーベリー
  8. コーヒー
  9. 生もの

の10個が紹介されています。まあ条件による部分もあるかとは思いますが、(例えばナッツは無塩だろ。と思ってたらやっぱりそう書いてあった。)基本的に同意します。よくぞ本にしてくれた。個人的にはここに玄米と亜麻仁オイルとか加えたい気もする。ちなみにいくつか抜粋すると、、、

赤ワインの効能

やっぱり赤ワインのポリフェノールですよね。この本には書いていなかったですが、ポリフェノールはファイトケミカルと呼ばれる抗酸化力を持った栄養素の内の一つです。
これは、植物は外的から身を守るために自己防衛として持っているもので、抗酸化作用、抗菌作用を持っています。他にも有名なところで言うとルテインやカロテン(人参)、フラボノイド(大豆)とかもファイトケミカルの要素を持っています。

チョコレートの効能

世界1位、2位の長寿の人たちもチョコレートを食べていたと言うほどの健康食。カカオ含有が70%以上ののチョコレートが推奨される。
チョコレートもポリフェノールの塊と言われています。
他の章でも具体例が色々載っています。

あらゆる人に向けている

人は、なぜ健康的な食事に関する本を読むのか?というと、いくつかの理由が挙げられると思います。

  1. ダイエットしたい。痩せたい。
  2. 病気をしたくない。いつまでも健康でいたい。
  3. 思考とか仕事のパフォーマンスを上げたい
  4. 長生きしたい
  5. 老けたくない。中身から健康的な美人になりたい。

ざっとこの辺が上げられるかなと思うのですが、この中のどの願望を持った人でも為になる本です。例えば僕の場合は、一番興味があるのは(3)思考とか仕事のパフォーマンスを上げたい。です。

(1)ダイエット には興味なし
僕が糖質を少なくしている理由は、「痩せる為」とうより「頭の働きをいつも高く保つ」とか「血糖値の急上昇と下落による昼間の眠気を催さない」為です。

でもこの本は、
ダイエットしたい(1)の女性にも、血糖値が気になる(2)の中年の人にも、僕みたいな(3)の若い男性にも、健康に注意したい(4)の高齢者の方にも、綺麗になりたい(5)の若い女性にも、全て人に役立つ情報が書かれている。

というのがこの本のメリットだと思います。また、AGE(終末糖化産物)という「老化物質」について1章分ものボリュームを割いていることに注目しました。近年話題になっている物質です。

女性は、これがシミ、シワ、肥満という、女性が嫌う3つの老化現象の原因になっていることを知っておいた方がいいと思います。これについてしっかり学びたいならこの本はおすすめです。

書籍でもkindleでも

まさに「現代の教科書」というような本です。働き盛りの男性も、綺麗になりたい女性も、健康になりたい高齢者も、みんな為になる「教科書」でした。健康の食事本は、分厚〜いのをけっこう読んできた僕ですが、これは内容が偏り過ぎていなくて、バランスがいい上に現代的な良い本でした!だから売れているのかな。

kindel版だと200円安いですが、僕は紙派です。お好きな方でお楽しみ下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました