書評「お金2.0」新しい経済のルールと生き方

BOOK

今回は書評です。

動画バージョンはこちらです。

【書評】お金2.0
スポンサーリンク

テクノロジーがお金を変える

2017年に日本でも大きく話題になった仮想通貨が良い例だが、

テクノロジーによってこれからのお金は大きく変化してゆくであろう。

まず大きな変化の一つは、これまでのお金は中央集権が存在して管理していたが、仮想通貨などによる管理の「分散化」が進んでいるということだ。

これにより「経済の民主化」が進んでいくだろうと思われる

資本主義から価値主義へ

まずこのスクショをみていただきたいんですけど。

インフルエンサーって、もしやりたいことがあった時、お金ってすぐに集められるんですよね。

逆に、芸能人とかって、知名度は高いじゃないですか。

でも、芸能人がクラウドファンディングやっても、失敗するんですよ。お金もらえないんですよね。芸能人って、テレビだと裏でスポンサーとかが動いているイメージで、「嘘をついている」イメージ付いてるんですよね。

つまり、芸能人は、知名度はあるけど、信用はない。だからTwitterで有名な一般人にクラウドファンディングで負ける、ということが起こるんですよね。

ベーシックインカムが今後、導入したとしたら、人々は暇になるわけですよ。

そんな時に求められるのが「内面的な価値」なんですよね。

自分n人生の目的とかを、求めるようになるんですね。昔はとにかく頑張って生きるためだったんですが、特に頑張らなくても生きていくことができるようになるんですよね。

だからこそ内面的な満足を求めるようになります。

まとめ

これからの信用経済、価値経済を生き抜くためには

「心から好きなことをやっている人間」が魅力的に写り、成功することができると思っています。

自分自身の人生の目的を見つけ、生きていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました