年金2000万円問題は正しく備えれば怖くない

MONEY

まるで得体のしれない何かに対して、漠然とした不安を抱いている人が多いように見える。こちらの報告書をみながら考えていきたい。

よくわかりもしないもにに対してなぜ恐れなければならないのかということと、試算結果は、あくまで平均的なものであるから、答えは一人一人違うに決まっているという話と、どのような、誰にでもできる対策があるのかを、示していきたい。

アラサー世代として、、、本題に入る前に、なんでそんな働き盛りで、そんな先のこと悩んでるの?

私も同じ「アラサー世代」として、この人に言いたいことがある。周りのおじさんたちをみてみろ。若々しい人もいるが、精神的、肉体的に「くたびれたおっさん」になってる人もいる

それと比べて俺たちには「人的資本」があり、まさに「金を稼ぐのに絶好の体力と若さ」「ある程度の社会人としての経験」、「まだまだ新たな知識も得られる」数えればきりがない

そんな未来のことを悩むくらいなら、そんなこと考える暇もないくらいに、夢中になれる仕事をしてバンバン稼げばいいのに、、、それで若い時間を失っている。なんだか滑稽だな。思考が全くもって理解ができない。

まあ、そんなこと言ってても、仕方ないので、本題に入る。動画はこちら

賢者は年金2000万円不足問題を恐れない

まず、いくら必要な生活水準なのか?

持ち家のローン、または賃貸の賃料があるかないか?

子ども教育費でいくら使うかでも全然違う。そもそも子どもがいない、結婚もしない、一人だけなら、若い頃の貯蓄でだいぶ回せる可能性もある。

そんな試算もせずに、自分がいくら必要かどうかなど分からない。

平均値のデータで言われている金額を貯蓄していても足りないかもしれないし、平均データより少なくても、十分に暮らせるかもしれない。

地域によっても土地代など物価の差もあるだろう。

仮に、65歳まで現役で30年間働き、95歳までの30年間の老後期間を現役時代の支出の2〜3割減になるとする(報告書でも60代以降は支出が2〜3割減ることがわかっている)。

いくら年金からもらえるのか

例えば、今後の現役時代を通じた平均的な手取り年収が450万円(1カ月あたり37.5万円)の38歳の男性だとしよう。

国民年金は、20〜60歳まで完璧に支払い、未払いの期間などがなければ、779,300円をもらえます。

受給年齢に関しては、1ヶ月繰り上げで早くもらうごとに、0.5%引かれるので、5年早めた場合、30%減額され、年間545,510円になります。

逆に繰り下げて遅くした場合は、1ヶ月ごとに、0.7%増額されますので、5年繰り上げて70歳からにすると42%増えて、1,106,606円もらえます。

厚生年金の方は、5500円×会社員としての就業年数×38歳の時の年収の100万の位という式で計算できます。なので、38歳で年収450万円の人なら、

5500×38×4=836,000円になります。

国民年金の779,300+836,000=1,615,300円になります。2016年の実際の受給者の平均が、177万円なので、まあ遠くない数字です。だいたい、170万円前後の年金額の方が多いのではないでしょうか。

月の生活費でいうと、、、1,615,300を12で割って、134,608円である。

もし現役生活で、生活費が毎月27万円かかっていたとすると、、、老後はそれに0.7%をかけて、18.9万円である。

こうすると、、、月に5万円足りないということになる。

老後生活が毎月5万円足りないと、老後の生活が30年(360ヶ月)だとして1800万円貯蓄が必要だ。

逆に、上記の例で言えば、子供がいないから教育費の心配がないとか、家賃がかからないとかで、13.4万円の年金だけで収まるかもしれないし、

もっと何かしらの支出があり老後も支出が減らず、不足が5万円では足りない場合もある。

足りない分を稼ぐ方法があるのか

じゃあ足りない分は、作るしかないのだ。

老体にムチを売って働くのは難しいだろう

となると2つしかない。

  • 資産やお金に働かせる
  • 知恵でお金をもらう

この2つしかない。顧問くらいならできる。本を書く

資産ならいくらでも、事業、投資、ネット資産、、、高齢者の日本人の知的水準は低くない。

インターネットで今のうちに資産作りをしておけば良いのだ。あとは投資だ。

iDeCoやつみたてNISAはその代表例だ。

NISAをするなら、個人的にはつみたてNISAの方がオススメだ。

より長い期間を、低リスクで運用する投資が向いているからだ。年間に3%程度の利益を出せるだけでも、20年運用すればかなりの効果が出る。

NISAはもちろんだが、iDeCoの優秀さは、「節税」にある。投資した分は、税金がかからなくなるので、稼いでいる金額が多ければ多いほど、節税は重要。

この際に、資産運用に興味を持った方は、まずはiDeCo、つみたてNSIA、この2つから始めることをオススメする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました