ボーナスは貯蓄より投資!初心者にもできる投資5選

MONEY

サラリーマンにとっては夏、冬のボーナスは嬉しいものですよね。まとまったお金を手にしてそれを元手に投資を始めるのは良い考えで、資産を築けば脱サラの道も出てきます。

だけど、投資初心者で全く分からないという方のために、初心者でも始められる投資を5つ、メリットとデメリットをあげながら、説明していきたいと思います。動画はこちら

ボーナスは貯蓄より投資!初心者にもできる投資5選
スポンサーリンク

貯蓄ではなく投資をすべき理由

今こそ、私は初心者も皆、投資を始めるべきだと思います。理由をあげていきます。

銀行預金金利が低すぎる

まずは、長いこと日本の銀行の預金金利はほぼ0です。預けていれば10年で2倍とかになる時代は30年も昔のことです。今は銀行に眠らせていることはむしろリスクにすらなります。

インフレリスク

貯金の最大のデメリットは、インフレリスクです。インフレとは、物価上昇のことです。

日本や世界では約1%~2%のスピードでインフレしているため、現金をそのまま持っているとインフレの影響で相対的に、価値が下がってしまいます。

例をあげると、今100円のものが10年後には200円になるかもしれません(インフレ=物価上昇)。しかし銀行の100円は、10年後には110円にもならないと思います。そうなったら損ですよね?これがインフレリスクです。

労働収入だけでは豊かになれない

日本人の平均的なサラリーマンの給料はここ数十年伸びていません。さらに、退職金は減り、年金も実質的に減る可能性が高いです(破綻はしません)。

そうなると、真面目にサラリーマンだけやっていても、豊かには暮らせない人が増えるのです。ということで、投資をして資産形成を自分の責任で行う必要があります。怖くも、難しくもありません。

投資のデメリット

当たり前ですが、初心者向けの記事なので、一応書いておきます。「投資」なので、紹介するサービスは全て、「元本保証されてはいません。」ということです。資金が減る可能性もあります。

しかし、「だからこそ、そこに価値が生まれて、儲けが出る」ということを忘れないでください。

投資信託

投資信託は、僕自身も毎月つみたて投資を行っており、初心者に1番オススメの投資です。

一言でいうならば、「株の詰め合わせパッケージ」のようなものです。もちろん、株だけでなく、債券や不動産を含み、リスク分散されている商品もあります。

数ある証券会社の中でも、僕が使っているのは楽天証券です。

理由は、手数料が安いこと、ポイントがめちゃくちゃ貯まること、使いやすさなどです。さらに、楽天市場での買い物も貯まりやすくなります。

■リーズナブルな手数料
楽天証券の国内株式手数料は最低0円から

■ポイントが貯まる、使える
楽天スーパーポイントは、取引で貯めて、取引につかえる

■楽天市場でもらえるポイントが+1倍に
楽天のSPU(スーパーポイントアップ)の対象に

私の毎月の運用状況は、YouTubeでも解説動画を沢山出していますので、ご覧ください。

楽天証券投資信託7ヶ月目【全体で4%のリターン】

オススメの投資信託の商品は、こちらの動画から

楽天証券の口座開設はこちらから

楽天証券

また、投資信託に関するオススメの書籍などもあります。

投資信託のまとめ

  • 期待リターン年利3〜5%くらい狙える低リスク低リターン資産
  • 銘柄が豊富な楽天証券がオススメ
  • 手数料が安い、米国や先進国中心に分散する
  • 一気に入れずに、時間も分散させて入れる
  • 損益発生リスクはある

ロボアドバイザー

ロボアドバイザーとは、AIに資産運用をお任せできるサービスです。

期待リターンは、年利3〜8%くらいは、景気によっては見込めるかもしれません。

1番の特徴は「ほったらかし投資」であること。

一度投資したら、あとは祈るしかないんですよね。それが楽で簡単だという方にとってはメリットにもなるし、それじゃ面白くない、自分で考えたいという人にとってはデメリットでもあります。

私は「自分で考えてポートフォリオを組みたい派」なので、半年ほど運用して、辞めました。しかし、最終的に、1%くらいのプラスは出ました。

Wealthnavi

もっとも代表的なのは、ウェルスナビです。テレビCMを見たことある人もいるのではないでしょうか?

「WealthNavi」で資産運用

ウェルスナビとは、世界水準の金融アルゴリズムをもとに、テクノロジーの力で自動で運用してくれるロボアドバイザーです。リスクとリターンも、自分で水準を選ぶことができます。

資産の「長期・積立・分散」運用を、サポートしてくれます。

他には、テーマ投資(またはLINE投資)でもお馴染みのfolioもロボアドバイザーです。

これは例えば「5G」のような、これから伸びるであろうテーマを扱う銘柄のパッケージ買いできるようなサービスです。詳しくはこちらから。

ワンコイン投資

ロボアドバイザーまとめ

  • 一度投資したらほったらかすのみ
  • リスク許容度のコースに応じて、攻めor守りのポートフォリオを組んでもらえる
  • ほったらかしすることの好き嫌いが別れる
  • 長期運用すれば期待リターンは年利3〜8%くらい狙えそう?
  • もちろん損益発生のリスクもある

Funds(貸付型クラウドファンディング)

Fundsってどんな資産運用?

Fundsは「12ヶ月・4.5%」などと、案件ごとに利回りと運用期間が予定されている金融商品です。一度投資してから元本と利息が返済・分配されるまでに行うことは多くありません。株式のように、常に相場を見張って売買する必要が無いため、お仕事や家事などで普段は忙しい方でも始めやすい投資です。

Fundsの仕組み

ファンドを通じて企業の収益事業に投資することで、利息の分配を期待できる資産運用です。
株価や為替のような日々の市場価格の変動は無く、ファンド組成企業の事業進捗が順調であれば、期待したリターンが得られます。

ハイリスクハイリターンの投資よりも、利息でコツコツと資産形成したい方に向いている投資と言えます。

上場企業などが対象で信頼感がある

Fundsでは、『上場企業』や『監査法人が監査をしている会社』
『ベンチャーキャピタルなどから出資・投資を受けている成長が期待されるスタートアップ』が募集するファンドに投資できます。

ソーシャルレンディングとの違いは?

Fundsとソーシャルレンディングは基本的に同じ仕組みで、お金を貸して利息収入を得るという意味では大きな違いないようです。しかし、ソーシャルレンディングは投資先が不透明で、僕も貸倒れが発生しそうになっています。(もちろん優良な業者もあります)

一方、Fundsは投資先が明示されており、取り扱う貸付ファンドは上場企業などを厳選していますね。Fundsが取り扱う貸付ファンドは、ソーシャルレンディングよりも利回りは低くなりますが、その分リスクが抑えられていると考えることもできます。

最後に、メリットを沢山お伝えしましたが、投資ですので、リスクが0ではありません。貸し倒れが発生する可能性が0ではないということです。だからこそ投資に価値が生まれて、リターンをもらえるのですから当然ですね。ただし、過去に貸し倒れの実績は、確認できませんでした。

以上を踏まえたFundsまとめ

  • 一度出資したらあとは思考停止で待っていればお金が増える
  • 上場企業やベンチャーキャピタルから融資を受ける企業が対象
  • 放置で5%前後のリターンは割と高い印象
  • 放置である程度のリターンを得たい人にはオススメ
Funds

ソーシャルレンディング(オーナーズブック)

「ソーシャルレンディング」とは、クラウドファンディングの投資版のようなものです。

この貸付型のサービスは、集めた資金を資金ニーズのある個人や企業に融資し、その金銭的な対価として元本と利子(または、それに相当するもの)を受け取り投資家に還元します。

数あるソーシャルレンディング業者があり、僕は過去に失敗した経験があります。それからわかった事は、ソーシャルレンディングは面白いサービスだが、「業者選び」がもっとも大事である。という事です。

その上で、ソーシャルレンディングをやるとしたらOwnersBook(オーナーズブック)が健全運営の業者です。

オーナーズブックの良いところは、「不動産投資特化型」ソーシャルレンディングであるため、全て不動産のプロが厳選した不動産担保付である事です。

さらに、1万円からの少額投資が可能ですので、まずは小さく始めてみたいという方にも対応可能。

利回り(年換算)は4.0%〜6.0%が中心で、業界の中では利回りが低い分類となりますが、それだけリスクが抑えられているためです。あまりに高い利回りだと逆に不安になりますからね。

また、OwnersBookの運営元は「ロードスターキャピタル社」という東証マザーズの上場企業です。東京証券取引所の上場審査を通過済、ということが、信頼に繋がります。

・口座開設・維持手数料は無料です。

とりあえず口座だけでも開設しておくか、という方はこちらから

OwnersBook

最後に、良いことばかり言って来ましたが、限りなく良い業者です。ただし、ソーシャルレンディングである以上、貸し倒れリスクは0ではないです。案件ごとに性質は異なるので説明をよく読みましょう。ただし、過去に貸し倒れの実績は、調べたところはありませんでした。

元本は保証されているわけではなく、欠損が生じるおそれがあります。

オーナーズブック HPより

オーナーズブックまとめ

  • 不動産特化型のソーシャルレンディング
  • 一度投資したら何もしない
  • リターンは5〜10%前後と高利回り
  • オーナーズブックは業界でも最高水準の低リスク
  • 少額から不動産投資が可能

ポイント投資

最近ではお金を使わずにお買い物ポイントでも投資ができるようになりました。

代表的なのは、楽天ポイントで投資できる楽天証券と、、、

楽天証券

Tポイントで投資できるSBIネオモバイル証券です。

Tポイントで始められる投資【SBIネオモバイル証券】

SBIネオモバイル証券

SBIネオモバイル証券では、Tポイントで1株から株を買うことができます。

このようなサービスはこれまでなく、これほど小さな金額で株を買えることに驚きました。通常株は100株単位で売買するので、300円の株なら最低でも3万円からしか投資ができませんでした。

ところが、このSBIネオモバイル証券では若い人を中心にもっと気軽に投資をしてほしいという思いから、ポイントで、しかも1株という超ミニ単位での売買が可能になったのです。

僕も運用しているので、成績などはこちらをご覧ください。

楽天ポイント投資

ポイント投資の本命は楽天ポイント投資です。

ポイントだからこその投資の仕方というのもできます。例えば、ポイントだからこそハイリスクハイリターンを狙うやり方もできます。

本当に初心者の方でも、もし失敗してもポイントで、しかも100円分からでも購入できるので、投資の入り口としては優しいです。

銘柄に関するアドバイスも、ブログやYouTubeで公開しているので、ぜひ参考にしてください。

お申し込みはこちらから。

楽天証券

コメント

タイトルとURLをコピーしました