” Connecting the dots.”(スティーブ・ジョブズ)の意味とは

僕の好きな言葉の一つは、スティーブ・ジョブズが語ったこの有名な言葉です。人生の点と点を繋げるという意味のこの言葉は、誰にとっても応用することのできる名言です。僕にとっての解釈をまとめて見ました。動画はこちら。

人生の点と点を繋げろ!
スポンサーリンク

経緯

スティーブ・ジョブズ氏が2005年のスタンフォード大学の卒業式でのスピーチで話された言葉です。このスピーチで彼は3つの話をしました。

  • 1つ目が ” Connecting the dots “(点と点を繋げること)
  • 2つ目が ” Love and Loss “(愛と喪失)
  • 3つ目が ” Death “(死)

この3つの話でした。この中の1つ目の、「点と点を繋ぐこと」に関して書きたいと思います。みたことがない人は、ぜひ以下のリンク先から見てみてください。
こちらがYoutubeの動画です。日本語と英語が両方載っていて有難い。
https://youtu.be/VyzqHFdzBKg

私なりの解釈

僕なりの解釈を2つにまとめてみました。

最終的に、人生に「無駄なこと」などない

以下は、一番肝の部分の引用と日本語訳です。

You can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards.
(将来を見据えて、点(出来事)と点(出来事)を結びつけることはできません。後で振り返って見たときにしか、点と点を結びつけることはできないのです。)
So you have to trust that the dots will somehow connect in your future.
(それ故、あなた方は、点と点がとにかく、将来に結びつくと信じなくてはなりません。)
You have to trust in something――your gut, destiny, life, karma, whatever
(自分の直観、運命、人生、カルマ、たとえそれが何であれ、信じなくてはならないのです。)
Because the believing the dots will connect down the road, it gives you confidence to follow your heart.
(なぜなら、点と点がいずれ将来に結びつくと信じることは、あなたに、自分の心に従う自信をたらすからです。)
Even it leads you off the well-worn path. And that will make all the difference.
(たとえそれが、あなたが、多くの人が通る道から外れる道へ導くとしても、それこそが大きな違いをもたらすのです。)

点と点が将来に結び付くと信じなければならない。しかしそれを先に予測することはできない。後からになってからしかわからない。と言っています。

例えば、失敗をしてしまった事とか、今やっていることはやりたい事ではないとか、色々な嫌な事があったから、後になって成功に繋がったとか。

あとは、別にキャリアのためとかではなく、ただ好きだからやっていたことが、仕事と繋がったとか。人生どんなことが繋がるか分かりません。

スティーブ・ジョブズも、大学時代たまたま好きで学んでいた Calligraphy の講義が、世界で初めて Mac が美しい書体を持ったパソコンになる事に繋がるなど、最初から予想していた訳ではありませんでした。

ただ、美しいと感じて感動したから受けていた。それが、パソコンのフォントにも数々の美しい書体を使おうという画期的な発想に繋がったのです。
この例からもわかるように、「自分の感性に従うこと」は、絶対に無くしたくない事だし、感性を押さえつけて、無視しすぎる事で、その直感力を失うのは、恐るべきこと、だと僕は思っています。

だから日頃から、なかなか自分の意見を人前では言えないと思っている人は、「自分の感性に蓋をしすぎない」ようにして欲しいなと思います。誰もが持つ感性には価値があるのですから。

似ている好きな言葉

千田琢哉さんの本にも似ていることが書いていて、記憶に残っています。

遠回りに見えても、振り返ればそれが最短コース。

あちこち色々回り道したけど、その回り道がなければ、今の自分はない。その当時は無駄とか、意味ないとか思っていたけど、後になって振り返って見たら違っていた。
これも、すごく響きませんか!?

あるものに焦点を当てる

人生の点と点を繋げるには、「振り返る」時間も必要だと思います。その時に、きちんと記憶を振り返ると、案外人生ってみんなオリジナルの価値を持っているはずです。

人と比べてあれもできない、これもできない、と悲観してしまう気持ちも分かります。でも自分では当たり前になってしまっていることが、実は他の人は持っていない経験とか特徴だったりするのです。

ないものばかり見るのではなく、これまでで培ってきたものに焦点を当てる。これは自分自身も心に留めておきたい事です。
以上をまとめると

  1. 人生に無駄な事はない
  2. あるものに焦点を当ててみよう

というのが僕の解釈です。” Connecting the dots. ” これからも好きな言葉リストの1つです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました