会社辞めたいと思ったら『死ぬくらいなら会社辞めればができない理由』を読んでみよう

皆さんの周りにはブラック労働をしている人はいませんか?

私はかなりブラック労働していた時期があります。それは社会人一年目の時です。

一時期は月に200時間近くサービス残業していた時もあります。もう休みなしで起きてる時間ほぼ仕事みたいな感じに耐えられずに、上司に「辞めたい」と言いましたね。

色々あって、残業はグッと減って結局辞めなかったんですが。

スポンサーリンク

80時間が過労死ライン

月に80時間の残業が、過労死ラインとして定められてるようです。健康上の問題と長時間労働の因果関係を認める一つの目安になっています。必ずしも80時間を超えていないと因果関係が認められない、というものではありません。
それでも月に20日出勤としたら、1日4時間の残業です。そんなに残業していたら、健康障害が起きた際、因果関係が認められる可能性が高いそうです。

長時間労働が、やりがいになっている場合と、本当にダメな場合の違い

例えばベンチャー企業とかで、ほぼ働きづめでも、全く好きでやっているかた平気な人とか、あとは作家さんとかだと、そもそも定時がありませんが、長時間やっていてもブラックとは言われません。
長時間労働していてもそれが大丈夫か、そうではないかの違いが、

  1. 自分で決めたことかどうか
  2. 成果がわかりやすいか

の2つのポイントに当てはまるかどうかだそうです。確かに「やらされている業務」だったらきついし、やってもやっても成果が上がらないのに長時間は耐えられません。この両方の条件が当てはまらないのであれば、過酷な労働環境には耐えられないので、辞めるべきですね。

アンパンマンの歌

この本で紹介されていて、シンプルな言葉で深く考えさせられるな〜と思ったのが、アンパンマンの歌の歌詞です。

そうだ!嬉しいんだ生きる喜び
たとえ胸の傷が痛んでも
何の為に生まれて 何をして生きるのか
答えられないなんて そんなのは嫌だ!
今を生きることで 熱いこころ燃える
だから君は行くんだ微笑んで。
そうだ!嬉しいんだ生きる喜び
たとえ胸の傷が痛んでも。
嗚呼アンパンマン優しい君は
行け!皆の夢守る為
何が君の幸せ?  何をして喜ぶ?
解らないまま終わる そんなのは嫌だ!
忘れないで夢を 零さないで涙
だから君は飛ぶんだ何処までも
そうだ!恐れないでみんなの為に
愛と勇気だけが友達さ
嗚呼アンパンマン優しい君は
行け!皆の夢守る為
時は早く過ぎる 光る星は消える
だから君は行くんだ微笑んで
そうだ!嬉しいんだ生きる喜び
たとえどんな敵が相手でも
嗚呼アンパンマン優しい君は
行け!皆の夢守る為

なんのために生きてるの?
お金稼いでも使う時間もなかったら意味ないし、
辛い業務で、大切な人と過ごす時間もなくなっていたら、、、、

もう二度とその時間は戻ってきません。

あなたの命と時間は有限だから、ツライだけの労働に貴重な時間を割いている場合ではない。
今日が、あなたの残りの人生で一番若い日。
そして世界には、まだ見ぬ広い、広い、広い世界が広がっています。
誰にでも、好きな場所に住み、好きな事をする権利はある。

ふと自殺を考えたりするなら病院行っていい。

「ここから飛んだら死ぬな。。。」
とか
「ここ(駅のホーム)で一歩踏み出したら死ぬ。。」
とか、ふと自殺が頭をよぎるようであれば、もううつ病予備軍だそうです。心療内科と精神科は、ほぼ同じなので、どちらでもいいからまず相談に行ったほうがいい。
「内科・心療内科」だと、内科の先生が心療内科もやってるケースが多いから、それよりは、「心療内科・精神科」の方が良いそうです。

結論。頑張り過ぎない。

そもそも、そんなに残業をしなければならない、その人じゃないといけないような事がある会社自体がおかしいです。組織のシステムに問題がある。
そして、意外と、誰かがいなくなっても会社は回るようになっています。意外にも。どんな人でも。その証拠に大企業の会社の役員とかが辞任してパッと変わってしまっても、その会社全然潰れないし、だいたい業績もそんな一人の人が変わったからと言っても変わりません。
大企業の社長ですらそうです。というか、あの Apple ですら、創業者の故スティーブ・ジョブズ氏が亡くなってからも、世界トップ企業であり続けています。。。
だから、あなたがいなくなっても大丈夫です。あなた自身を守る事を第一優先にして考えてください。
そして、「辞める会社のことなんて知るか。」くらいの気持ちでいて良い。
ちなみにこの本、今ならkindle版は無料で読めるみたいです!300万リツイートで大反響を呼んだ一冊。これだけ多くの共感を得ているので、現代社会を読み解くヒントもありそうです。

参考ページ

「労働問題弁護士ナビ」https://roudou-pro.com/columns/34/

コメント

タイトルとURLをコピーしました