貯金をするために給料日にしておきたいこと

MONEY

老後2,000万円問題などが話題になっているので、投資や貯金の意識が高まっています。

同じ給料でも、貯金が貯まる人、貯まらない人、いますよね。貯金が貯まる人はお給料が入ったらどんな行動をしているのかを解き明かしていきます。

動画で見る方はこちら。

貯金上手が給料日にする3つの行動
スポンサーリンク

支払い固定費の確認

まずは、給料が振り込まれたからといって、全部自分が稼いだ分だと、自由に使えるんだと、思ってはいけないですよね。

なぜなら、誰でも毎月最低限かかっている固定費があるからです。実質的な可処分所得は、固定費を引いたあとですよね。

携帯代、家賃、水道光熱費、カードの支払いなどが、まず一番最初に引かれると思います。ここで考えておいて欲しいのは、「自動支払い」にすることです。

よくコンビニなどで支払いをしている人を見ますが、かなり非効率ですね。場合によっては手数料も取られるし、いくら払ってもポイントがつかないし、店にいく手間もかかります。カード支払いに切り替えるだけで、小さなお得が沢山あります。

最初は設定が少し面倒くさいかもしれないですが、一度行えば、それ以降は何年もメリットが続きますからね。

先取り貯金と先取り投資

ここからが本題です。貯金をするためにもっとも必要な思考は、「先取り」することです。好きなものを買いまくって、余ったら貯金をしようと思っても、なかなか貯金はできません。

貯金をするなら、確保してください。よほど意志力が高い人であれば、どんなやり方をしても貯金できるかもしれませんが、無駄に意志力を消耗する必要はありません。

そして、余裕があれば先取り投資までしておきましょう。

あとは、先取り貯金をするコツは、口座を複数もつことです。一つの口座になっているよりも、役割を分けて口座を分けると貯金しやすくなります。例えば、私の場合はイオン銀行と楽天銀行の口座を使い分けています。

イオン銀行は、給料の振り込まれる口座で、生活費の支払いなどをする「メイン口座」。楽天銀行は、貯金と投資用の口座として使っています。

まず、二つともネット銀行なので、アプリでリアルタイムに残高の確認、振込、入金確認などができるので、使用しています。また、それぞれランクを上げると他行への振込やATM無料回数も増えるので、けっこう便利です。

私自身、そんなに振込をたくさんする訳でもないので、ATM手数料も、振込手数料も、ここ何年も支払っていないと思います。この2行についてさらに詳しく知りたい方にはこの記事がオススメです。

収支の確認をする

月のまとめとして、今月いくら使ったか?いくら無事に貯金をできたのかなどを、振りかえることは大事です。

個人的には、1円単位の振り返りは不要です。大まかにでも、だいたいいくらのプラス/マイナスだったかにきちんと向き合えば良いと思います。

まとめ

  • 固定費の確保をする
  • 先取り貯金/投資をする
  • 収支の確認をする

貯金が苦手という方は、ぜひこの方法を試していただければなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました