社内政治は生産性の低下しか招かない理由と解決法

社内政治による業務の非効率にうんざりしたことはないだろうか?

向くべきはお客様であり、上司のご機嫌ではない。

しかし特に日本的な企業では社内政治はよく起こる

そこには「レントシーキング」が関わっており、非常に重要な問題だ。

スポンサーリンク

レントシーキングとは

これは、一言でいうと「ルールの改正を求める圧力」のようなものだ。

一般的には企業が自分たちが超過利潤(レント)を得るために、官僚組織へ働きかけを行い、法制度や政治政策の変更を行なうことで、自らに都合よく規制を設定したり、または都合よく規制の緩和をさせる事。

などが例としてあげられる。

これは企業などの組織内でも起こりうる。

例えば、あなたはある会社の課長で、あなたの裁量ひとつで部下の給料が決まるとしよう。
するとどうだろう。

部下は、上司であるあなたに気に入られようと、お中元やお歳暮など、贈り物合戦を繰り広げるかもしれない。

あるいは、仕事そっちのけで、給料の直談判をする者が出てくるかもしれない。

いずれもレントシ ーキングであり、その結果、生産性は大きく下がることになるのだ。これでは困る。ではレントシーキングを防ぐにはどうしたら良いのだろか?

レントシーキングを防ぐ2つの方法

①効果がないと思わせる

ひとつ目の戦略は、レントシーキングをしても効果がないと思わせること。

あなたと交渉することが無駄だと思わせるのだ。

そこで権限放棄。課長であっても、部下の給料をあえて決められないことにするのだ。

こうすることで、部下からの給料を巡る交渉、レントシーキングを防ぐことができる。

また、一度決めた給料はすぐには見直さないというのもひとつの方法。

そうすることで、交渉が無駄だということを強く示すのだ。

会社の融通がきかないのにはちゃんと理由があるのだ。レントシーキングを防ぐ方法は他にもある。

②レントを意識させない

もう一つは、レントを意識させないこと。

具体的には、各自の給料を秘密とすることで社員間の給料格差を明らかにしないようにするのだ。

そうすれば、レントをめぐる争いは起きにくい。

さらに、徹底するには、給料を一律にすればよい。企業の中には、年齢のみで給料を決めるところがあるが、まさに、レントシーキング防止を徹底しているともいえる。

公平性が鍵なのである。この公平性を強く意識したのが、終身雇用・年功序列で特徴づけられる「日本的経営」だ。

欧米に比べ、社員間の給料格差が小さく、組織内のレントシーキングが起きにくい。

それが、資源の浪費(ムダ)をおさえ、生産性を向上させる。

いわば、日本企業の力となってきたと考えられている。

昨今では、ネット上で叩かれがちな「終身雇用・年功序列制度」にも、このようなメリットがあったということだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました