ライブ配信で稼げる時代の到来

WORK

ライブ配信で稼げる時代はすでに昨年くらいからだいぶ普及してきている。

特に2018年のイチナナライブやSHOWROOMをはじめとするアプリの拡大はすごくて、2019年もさらに拡大している。

およそ1年前でも、普通の二十歳そこらの女の子が「月収で」数千万円稼げるようなレベルだ。

スポンサーリンク

ライブ配信はYouTubeでもっと流行る

ニコニコ動画でヲタクたちの間ではもっと前からライブ配信文化はあったが、その波が一般人、より多くの階層にまで広がっていくのがこれからの変化。

その役割をYouTubeが担う。

ビジネス系YouTuberもどんどん参入している。特に私が注目しているのはマナブさんだ。コメントも沢山きている内容もとても面白い。

僕がツイートの通知をオンにしているクロネコ屋さんもYouTubeの投げ銭に注目しています。この方のツイートめちゃくちゃ参考になりますよ。

ライブ配信の魅力

ライブ配信の魅力について語って終わりにしよう。

収録では見られない姿を見られる

普通の収録の時には見られない配信者の姿が見られることがあります。マナブさんで言うと、収録の時は笑顔があまりないけど、ライブの時はけっこう笑顔なんですよね。

酒を飲んで配信していることが多いから酔っ払っているのかな?それも含めてライブ配信の「生の」感じが出ますよね。収録にはない楽しさです。

双方向コミュニケーションで繋がる

なんといっても、リアルタイムでコメントをしてすぐに返事が来ること。人と人との繋がりに「価値」が生まれ、その価値は今後さらに高まる。

投げ銭で価値の可視化

その繋がりの価値を可視化してくれるのが投げ銭機能。

YouTubeでも強化すると発表している。

大事な価値観は「お金 = 労働」ではなく「お金 = 価値」の価値観。

価値の感じ方は、人によって違うし、その時の心情、状態にも左右される。

与えた価値の対価が、お金となってやりとりできる時代になったのだ。

「本音感」が魅力

収録の動画との違いとして、演者は「即興」のコメントや、リアクションが求められるのがライブ配信の特徴だ。

収録の場合は、あらかじめじっくりと考え、台本を作り込むこともできるし、自分が伝えたいことだけ伝えればいいという形になっている。

しかしライブの場合はそうはいかない。

特に有名人の場合は、「有名人しか知らないインサイダー情報のようなもの」を持っているイメージが世の中的にある。

ライブ配信だと、そのような「とくダネ情報もポロっと話すのではないかという期待感」が視聴者の中にあるのではないか?とタザキは考えている。

とにかく、ライブは収録よりも「作り込まれた感」がないため、「より本音や真実に近い話」が聞ける期待感を持たせる効果がある。

まとめ

結論から言うと、タザキもライブ配信に参入します。

不定期で行いますので、質問やライブのテーマも募集しているので、コメントやツイッターリプでもしていただけたらとても嬉しいです。よろしくお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました